日焼け止め対策

20代前半の頃は日焼け止めの知識なんて無く、日焼け止めの対策なんて全くしてませんでした。 お肌にはよくないですよね。にきびが増えたり、お肌があれたり、赤くなったり・・・日焼け止めをする事がとても苦痛でした。 日差しが怖くても、肌荒れが嫌なので日焼け止めをしないなんて日もありました。 絶対に日焼けしたくないから高い数値のSPを買ってみたりしたこともありました。そんな使い方はダメですね。 正しく日焼け止め対策をして日焼け止めを上手に選んで、お肌にいい日焼け止めの塗り方を知っておけば日差しも怖くない!
日焼け止めの上手な選び方ではSPFとPA値の説明をしています。この数値が知っておくといいです! 日焼け止めといっても数種類あり毎回なやみますよね。スポーツ用、外出用、日常用と分けてつかうのがいいようです。 お肌の弱い私にとっては、この数値がとても役立ちます。 大好きな真夏を快適に過ごすためにも日焼け止めは必需品。 毎日使うものだから内容を把握し日焼け止め対策をして日差しとうまく付き合っていきたいですね。

日焼け止めの上手な選び方

日焼けしないためには、もちろん日光に当たらない!のが基本ですが できればもっと身軽に夏もスポーツもエンジョイしたいですよね。 そのためにも日焼け止め選びは素肌にとってはとても重要です! 上手に選んでスマートに、日焼け止め対策をし日差しと楽しくつき合いましょう!


日焼け止めのSPFって何のこと?


サン プロテクション ファクター

日焼け止めにはSPFとPA値があり、どちらもカットできる紫外線の量を表す数字です。 紫外線には、紫外線A波とB波があるのですが、SPFとはそのうちの紫外線B波をどの程度 カットできるかを表しています。
UV−B(紫外線B波=短い波長で、真皮にまでは到達はしないが、ただちに「sun burn - サンバーン」という炎症を引き起こし、しみやそばかすなどの原因になる紫外線)を基準の何倍防ぐことができる日焼け止め化粧品なのかを、数値で示したもの。


PA値って何のこと?


プロテクション グレイド オブ UVA

PA値とは日本だけに設けられた基準で、皮膚の真皮にまで到達するUV-A(紫外線A波)をどのぐらいカットできるかを表します。 ただ、紫外線A波は肌への影響が数日しないとはっきりしないため、正確な測定ができません。 そこで、以下のようにおおまかに3段階で効果が表示されています。 やや効果がある(PA+)、効果がある(PA++)、非常に効果がある(PA+++)となっています。 (SPF値は世界共通の表示(基準は少し異なる)ですが、このPA値は日本の日焼け止めだけの表示です。)

横浜のキャバクラでアルバイトをしたいけどどの店舗がいいか分からない。そんな貴方にオススメのサイトはこちら
東京と横浜のキャバクラ求人情報ならコチラ
横浜で人気のキャバクラは横浜ラルーナ。詳細はこちらhttp://yokohama-laluna.com/